嘱 託 警 察 犬 の 制 度

 日本国内で起きた犯罪で、その捜査活動などに警察犬が活躍している場面は、新聞やテレビなどでも報道され、よく知られていると思います。
 これらの警察犬は、各都道府県警察が飼育管理し訓練をしている犬と、一般の人が飼育管理し訓練をしている犬とがいます。
 前者を直轄警察犬と言い、後者を嘱託警察犬と言います。
嘱託警察犬は、各道府県警察が毎年、審査会を行い、嘱託する警察犬を選考し指定をしています。



 服従は勿論、足跡追及を得意とする犬、臭気選別を得意とする犬、また、どちらも得意とする犬もいますが、それぞれ専門の科目で指定している警察が多いようです。

 これらの嘱託警察犬は、警察からの要請で出動しますが、指導手、犬とも人犬一体で、いつでも事件現場に出動できる体制でいます。

 なお、当協会では年1回全国の嘱託警察犬だけが出場する全日本嘱託警察犬競技大会を実施しています。この競技大会は、全国の嘱託警察犬が東日本と西日本地区に分かれ、それぞれの地区において予選を行い、その中から選ばれた優秀な嘱託警察犬ばかりが揃い「足跡追及」と「臭気選別」の2科目を東西別の成績に分け、日頃の訓練の成果を競い合います。


各種制度と資格のご案内へ戻る    TOPへ戻る
社団法人日本警察犬協会のご案内 本部主催の競技会・審査会(展覧会)のご案内 警察犬指定犬種(種類)の紹介 審査会(展覧会)、訓練競技会のシステム 各種制度と資格のご案内 犬の登録について
各種行事のご案内と結果 本部行事歴代Ch、優勝犬紹介 犬の知識あれこれ Information 投稿写真 各種申請書類の取り出し

E-mail : info@policedog.or.jp
このホームページに記載されている記事、画像等全てのデータの無断複写、転載をお断りします。
Copyright(C)2001 THE NIPPON POLICE DOG ASSOCIATION Inc. All rights reserved.